Entry: main  << >>
うさぎととら
半年間、楽しく見ることができました。タイバニ。
面白かったけど、ふつうにTV見て、ぼんやり妄想して、たまーに目に入った誰かの二次創作を読んで……というところで、けっこう満足しています。

今回、私の場合は「兎虎だと思うんだけど、虎兎でもイイんだよな」というボンヤリした妄想を抱いているあたりが、温すぎるんだと思います。
1クール目の時は、あまりにも良い感じに兎が嫌そう〜な受け答えばかりするので、「ほんとうは好きなのに素直になれない受」として非常に良いと思ってみたり。
2クール目に入って兎がデレてからは、「これまで愛を知らなかった若者が目覚めちゃって猛アタック&いい年して今更男相手とか無理!という葛藤とほんとうは好きな気持ちの間で揺れるおじさん」という設定が美味しいと思ってみたり。(うん、このシチュエーションは、かなりツボだ)

自分で書く!と思う時の二次創作は、こんな感じにボンヤリ迷うこともなく、「うちの○○×○○は、こうなの!」というビジョンがはっきりあるんですよね。
そして、ほぼ100%王道カプ以外のところにしか萌えないのは宿命だと思うことにします。
| comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Entry

Profile

Category

Comment

Archives

Search

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode